Buy&Reform中古を買ってリフォーム

築44年でも、ここまで一新できる!のびのびくつろげる、20帖のリビング。

↓左にスワイプすると写真が切り替わります

  • 1/11
  • 2/11
  • 3/11
  • 4/11
  • 5/11
  • 6/11
  • 7/11
  • 8/11
  • 9/11
  • 10/11
  • 11/11

物件データ

所在地
神戸市東灘区
物件概要
昭和47年 マンション

施工箇所

間取り変更・玄関・廊下・リビング・和コーナー・洋室・収納・キッチン・バスルーム・洗面室・トイレ

before リフォーム前の様子

before

リフォームプランの特徴

74m²、3DKの中古マンションを、全面リノベーションした事例です。
明るい南側のバルコニーに面した二部屋の和室を解体し、広い20帖のリビングと琉球畳の和コーナーに一新。
キッチン、バスルーム、トイレの位置は大きく変えていませんが、設備を一新して扉を新設し、より居住性を高めました。
また、玄関と廊下の空間を調整してシューズボックスとクローゼットをつくり、玄関自体も広げてバリアフリーに。壁のエコカラットがアクセントです。
築44年というと、「リフォームして本当にきれいになるの?」と思われる方も少なくないのですが、工夫をこらせば築年数に関係なく、快適な空間がつくれます。
購入価格を抑えて、その分リフォームにお金がかけられる。それも、築年数の古い物件のメリットです。

施工のポイント

築年数の古いマンションによくあるのが、洗面室や廊下に扉がなく、プリーツカーテンやロールスクリーンを付けなければ恰好がつかない…というお部屋。
今回もその問題点を解消するべく、洗面台の向きを変えて玄関ホールを広げ、扉を新設。また、洋室の出入り口の位置を変えて扉を新設。
さらにキッチンの奥に仕切りを設け、収納スペースを兼ねて給湯器が見えないようにしました。
「扉を増やすと狭く見えるのでは?」と思われがちですが、適切な位置で仕切りを入れて空間にメリハリを付けた方が、生活動線は良くなります。
逆に、リビング横の和コーナーには仕切りをつけず、リビングと一緒にくつろげるようにオープンスペースにし、開放感もプラスしています。

そのほかのリフォーム実例を見る